大場さんのライブ&~町家DEお茶会~

ようやく春らしい暖かさになってほっとしています。

今日はミュージシャンの大場慎介さんと、5月23日(日)に企画しているライブの打合せをしました。

今度のライブは大場さんにとっては初めての試みで、ライブとお茶会をコラボしてみることにしました!

かねてから音楽だけでなく、何か他のものとコラボで楽しんで頂けたらいいなあ~なんて考えていましたが・・・

お茶会をサポートして下さる方達も見つかり、いよいよ実現できることになりました^^

五月になれば、お庭の緑もきれいになるし、さわやかな良い季節だし~楽しみです~

お菓子は、もちろんご近所の“よしはし”さんでお願いすることに・・・♪

f0233340_1955799.jpg

# by muku6256m | 2010-04-19 19:12 | コンサート | Comments(0)

オペラ「蝶々夫人」を観て来ました。

昨晩は、従兄の娘さんがオペラに出演されるというので
従兄の車に乗せて貰い、小松まで行って来ました。

「こまつ芸術劇場うらら」小ホールへは今回はじめて行きましたが
きれいな音響のよいホールでした001.gif

蝶々夫人を演じられた白石英恵さんは
よく通る、素晴らしい歌声と迫真の演技で
2時間半、最後まで蝶々夫人を演じきり、
小柄な体に秘めた、そのパワーに圧倒されました!

今回のmakikoさんの出番は第3幕、
蝶々夫人が自害するクライマックスのシーンの少し前に登場する
アメリカからピンカートンと一緒に帰ってきた正妻の役でした。

3幕が始まると、従兄が耳元で「次はmakiko出てくるよ!」と少し緊張しているようす、
その隣に座っていたmakikoさんのお母さんも真剣な表情でビデオのスタンバイ。
私もドキドキしてmakikoさんの登場を待ちました。

舞台に颯爽と登場したmakikoさん、
とても堂々としていて、ちょっとツンとした感じ(いつもの彼女はその正反対ですが・・・)
いかにも正妻っていう雰囲気を醸し出していました。
声も少し抑えた感じで正妻の重苦しい気持ちをよく表していました。

今回はmakikoさんの歌う場面は少なかったのですが
彼女も素晴らしい歌声と声量の持ち主なので
これからもオペラでも益々活躍してほしいなぁ~と思っています060.gif
f0233340_211915100.jpg

# by muku6256m | 2010-04-18 21:19 | コンサート | Comments(2)

兼六園へお花見に

今日は久しぶりに良いお天気!
そろそろ、桜は咲いていないかな~と、兼六園に行ってみました。
f0233340_0235729.jpg

桜はまだ満開とは言えませんでしたが、コートもいらない位暖かく、充分春を満喫できました♪
f0233340_0244293.jpg

水辺では二羽の鴨が、水の中にしきりと頭をつっこんで何かを食べていました。
頭を上げた瞬間に写真を撮ろうとしましたが、なかなかシャッターチャンスがつかめませんでした。
f0233340_0323651.jpg

帰りに金沢21世紀美術館で「現代美術展」を観て来ました。
どの作品も力作で、時間を忘れて見入ってしまいました。
こちらだけでも、かなり多くの作品が展示されているので、県立美術館の方は後日、日を改めて行くことにしました。
f0233340_0334236.jpg

今日は兼六園から金澤神社、21世紀美術館と私にしてはよく歩いたので少々疲れましたが、楽しい一日でした。
# by muku6256m | 2010-04-05 20:40 | おでかけ | Comments(0)

観音の里

2010年3月23日(火)

白洲正子のいう「かくれざと」、そんな風景を求めて、滋賀県は湖北の町を訪ねました。
まず、訪れたのは木之本の石道寺と鶏足寺。
春まだ浅い静かな山里にひっそりと息づく二つのお寺。
地元の人々に大切に守られてきた十一面観音像は、
やさしいお顔の、今にもこちらに向かって歩き出しそうな観音様でした。
f0233340_225367.jpg

鶏足寺へ続く古い参道は、人影もなく、歴史の栄枯盛衰を偲ばせます。
f0233340_2259396.jpg

木之本から高月へ・・・
渡岸寺観音堂には国宝の十一面観音立像が奉られています。
こちらの観音様は後ろからも拝することができます。
さすが国宝!どこから見ても素晴らしいお姿でした。
f0233340_2381644.jpg

高月出身の江戸時代を代表する儒者、雨森芳洲は中国語、韓国語にも堪能で
当時の国際人だったそうです。
f0233340_2334508.jpg
雨森芳洲庵
# by muku6256m | 2010-04-01 23:44 | おでかけ | Comments(0)

大場慎介さんのトーキング・ライブ

今回の大場慎介さんのトーキング・ライブは、ギターの恒見コウヘイさんとピアノの佐沢尚友さんのサポートメンバーが加わり、三人の息の合った演奏とトークで、とても聴き応えのあるコンサートになりました。

f0233340_234069.jpg
また、後半は福井放送の番組収録も入り、岩本アナウンサーとメンバーの楽しいトークで会場の皆さんも大いに盛り上がりました。
f0233340_23382980.jpg


大場慎介さんは、かつての『古時計』のメンバーで、「ロードショー」、「季節はずれの走馬燈」などのHit曲で有名な方ですが、昨年、秋にお友達の紹介で、たまたま「椋」に来られて以来、ここの空間をとても気に入って下さり、コンサートは今回で二度目になります。
f0233340_23385951.jpg

大場さんの透き通った歌声を2時間たっぷり聴かせていただきました~
次回の「Gallery椋」でのライブは5月の予定です。
また、5月には輪島の「Gallery蔦屋」でもライブを予定しているそうです。
そちらは、土蔵を利用した、とてもお洒落なギャラリーですよ。
# by muku6256m | 2010-03-29 20:22 | コンサート | Comments(0)