第48回むくのき俱楽部陶芸教室

あんなに沢山あった雪もようやく融け

なんとなく日差しが明るく感じられるようになりました。

今日は今年初めてのむくのき倶楽部陶芸教室が開かれました。

今回のおすすめ課題は「陶板の絵付け」

いつもの自由コースや板作りコースもありましたが、

全員の方が、「陶板の絵付け」にチャレンジされました。

f0233340_13255056.jpg

陶板は九谷焼で使われている磁器用の粘土を

北濱先生が、すでに焼いてくださったものを使います。

まず自分の好きな形の陶板を選び

20色あまりの九谷焼の色絵具で描いていきます。

f0233340_13260667.jpg
f0233340_13262612.jpg

この方は陶板の縞目を利用してポジャギ風(韓国のパッチワーク)の

カラフルな模様を描かれました。

とてもオシャレな壁掛けになりそう!

f0233340_13265130.jpg
f0233340_13271220.jpg

こちらの方は鳥の絵

目を入れたらお手本より可愛いトリさんに!

色使いもシンプルで素敵!

f0233340_13282496.jpg
f0233340_13275562.jpg

こちらの方はワレモコウ

緑の濃淡を上手く使い分け立体的に描かれていました。

単なるお花じゃなくて、ワレモコウを選ばれるなんてさすがです!

この陶芸教室での絵付けは、初めての試みでしたが、

皆さん、初めてとは思えない筆遣いで、

先生も感心していらっしゃいました!

先生の自宅の窯で焼き上げたあとは、

壁に吊るせるように紐もつけてくださるそう

二か月後の完成がとても楽しみです。

次回のむくのき倶楽部陶芸教室は4月1日(日)・2日(月)

一度だけの参加もOKなので、お気軽にご参加ください!

★お申込み ギャラリー椋 076-255-6106







# by muku6256m | 2018-02-27 23:40 | 陶芸教室 | Comments(0)

イルカのタッチミーに出会う!

ずっと大雪との闘いの日々だったので、何となく実感が湧かなかったけれど

いよいよダイビング仲間9人とタヒチに向けて出発です!

f0233340_13173775.jpg



土曜日の夕刻に成田を出発した飛行機は

およそ11時間でタヒチの首都パペーテに到着。

時差が19時間もあるので、再び土曜日の朝に逆戻り!

なんかトクした気分です。

空港に着くと、タヒチの歌と踊りでお出迎え~169.png

f0233340_13180625.jpg


タヒチ本島から国内便を乗り継ぎ、約1時間

離島のランギロアが今回の旅の目的地

ここは水中で野生のイルカに会えるダイバー憧れの島なんです。

しばらくすると眼下に世界で二番目に大きい岩礁が見えてきました。

f0233340_13195554.jpg


今回のツアーはリゾートホテルではなくペンションに滞在するので、

まずは飲み物などの買い出しに近くのスーパーマーケットへ

f0233340_13170112.jpg
f0233340_13183118.jpg
離島のわりに食品や飲み物の種類も豊富で

日用雑貨などもいろいろ置いてありました。
f0233340_13161774.jpg
f0233340_13190619.jpg
f0233340_13212698.jpg

到着2日目からいよいよダイビングスタート!

日本人ガイドTatsuyaさんのブリーフィングをしっかり聞いて

イルカの待つティプタパスへGO!

f0233340_13150634.jpg
f0233340_13142706.jpg


ラグーンからボートでティプタパスを抜け、外洋からエントリー。

外洋はかなり波が高くても、水中に入るとうねりもなく静か

1日目、2日目、3日目、イルカの声はすれど、姿は見えず~119.png

でも、ティプタパスの豪快なインカミングの流れに

気持よくドリフトすることは出来ました!

f0233340_15010323.jpg


最終日、イルカを求めて外洋を泳ぐこと30分

ついにイルカの群れが私たちの前に姿を見せてくれました!

数頭のイルカが私たちの周りをグルグル縦横無尽に泳ぎ回り

皆んな歓声をあげて大興奮!!

群れの中でも人間に触られるのが大好きなタッチミーが

私のすぐ前を泳いでいるのを発見!

何とか追いついて、背中と頭をナデナデさせてもらいました。

タッチミーの目は愛らしく、とても気持ちよさそうな表情でした!

f0233340_13091577.jpg
f0233340_13094066.jpg
f0233340_13113423.jpg
f0233340_13115840.jpg
f0233340_13122067.jpg
f0233340_13110406.jpg


やっぱりイルカって最高!!

これまでも、ランギロアでイルカに遊んでもらったことは

何度もありましたが、タッチできたのは初めて!

野生のイルカとの交流、本当に感動的な経験でした。

f0233340_13202994.jpg


夜はペンションでタヒチアンダンスのおもてなしもありました。

一緒にダンスを踊ったり、パレオの様々な着方を習ったり

皆でタヒチのひとときを満喫しました。

f0233340_14592197.jpg
f0233340_14590501.jpg
f0233340_14580518.jpg
f0233340_14584738.jpg
f0233340_15001308.jpg
f0233340_15002934.jpg


ランギロアは海の美しさと海洋生物の多様性はもちろんですが、

人々も穏やかで優しく、治安も良く、心からリラックス出来る場所。

大自然と素敵な仲間たちにパワーをもらった旅でした!




# by muku6256m | 2018-02-18 15:30 | おでかけ | Comments(0)

シルバーアクセサリーのワークショップ

1月21日(日)・22日(月)の2日間

シルバーアクセサリーのワークショップが開かれました。

今日はワックスモデリングという簡単な方法で作ります。

f0233340_14481965.jpg


今回はペンダント、ブローチ、帯留め作りにチャレンジして頂きました。

指導は金工作家の金森泰子先生。

形は先生が用意して下さった下絵でも、ご自身で描いたものでもOK!

f0233340_14492579.jpg


作り方は、ガラス板の下に張り付けた下絵の上に

アルコールランプで溶かしたワックスを少しずつのせて行きます。

f0233340_14485184.jpg
f0233340_14495394.jpg


少しはみ出しても、それはそれでいいし、やり直すことも出来ます。

今回、殆どの方が、初めてだったのですが、皆さん、とてもお上手!

すぐコツをつかんで、時間内に2個も作った方もいらっしゃいました!

雪の結晶にバラ、リンゴ、ブドウ…など、皆さん思い思いの形を作られました。

f0233340_14513338.jpg
f0233340_14502735.jpg
f0233340_14505325.jpg


今日ワックスで作った型で石膏型を作り

そこに溶かした銀をいれ鋳造します。そのあと磨きをかけて完成ですが、

その工程は、すべて金森先生がやってくださいます。

今回は特別に4日間で完成して頂きました。

そして完成品がこちら!

どれも素敵な仕上がりです!

f0233340_14521053.jpg



完成のお知らせのあと、皆さん全員がすぐに取りに来られたのにも驚きでした!

次のシルバーのワークショップは3月18日(日)・19日(月)に開催します。







# by muku6256m | 2018-01-22 22:47 | 椋のワークショップ | Comments(0)

毎日、雪・雪・雪…

昨年12月は年末にしては珍しく大雪でしたが、

1月に入ってからも、厳しい寒波のせいで、さらに大雪が積もりました。
f0233340_14180100.jpg
f0233340_14391770.jpg
その後もお天気は回復する兆しもなく、雪の日が続いています。

先日、椋にいると奥の方で「バリバリバリ~!!」と物凄い音がして、

慌ててお庭を見に行くと松の大木が根元から倒れているではありませんか!!
f0233340_14203180.jpg
f0233340_14193987.jpg
塀の一部は無残にも壊れてしまいましたが、

幸い、屋根には直撃せず、建物の方は瓦が1枚欠けただけで済みました。

100年を超す老木ゆえ、雪の重みに耐えられなかったのでしょう!

すぐに近所の植木屋さんに来てもらい、処分をお願いしました。
f0233340_14385473.jpg
f0233340_14205503.jpg
f0233340_14182962.jpg


使えそうな丸太は、木工をされている作家さんに連絡し

取りに来てもらいました。

松の木も、また新しい作品として生まれ変われたら嬉しいでしょうね♡

まだしばらくは、雪に油断できませんね!




# by muku6256m | 2018-01-14 14:16 | 暮らし | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

新年、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

早いもので椋も今年の秋9周年を迎えます。

書家、久田鶴南先生による「椋」の看板も風雨にさらされ

すっかり色褪せていましたが、

昨年暮れ、石森木工さんに綺麗にリニューアルして頂きました!

f0233340_15393345.jpg


お座敷にもトルコのキリムを敷いてみました。

f0233340_15470793.jpg

9年目を迎え、開店当初に比べ少し気持の余裕も出て来ましたが、

初心を忘れず、日々努力して行きたいと思っています。

椋が素敵な作品、そして人と人との佳き出会いの場となりますように!








# by muku6256m | 2018-01-06 16:13 | その他 | Comments(2)