小笠原諸島への旅②

本州は猛烈な台風に見舞われているようですが、

小笠原はお天気も良く穏やか

でも、海に出ると波も高く荒れ模様!

比較的波の影響のないダイビングポイントを選んで潜りました。
f0233340_16513354.jpg
f0233340_16551745.jpg
海から見る島はとても雄大で荒々しく

スケールの大きな自然を感じました!
f0233340_16553992.jpg
小笠原の海でよく見られたユウゼン
 
f0233340_16543786.jpg
f0233340_16515099.jpg
岩の割れ目に潜む巨大なイセエビたち
f0233340_16511828.jpg
f0233340_16523030.jpg
f0233340_16520600.jpg
f0233340_16510579.jpg
f0233340_16505016.jpg
f0233340_16541290.jpg
f0233340_16535276.jpg
サメもよく見かけました。
f0233340_16525277.jpg
f0233340_16533044.jpg
珍しいゾウクラゲ
f0233340_16531433.jpg
今回は台風の影響もあって、ポイントも限られ

ちょっと心残りなダイビングツアーでしたが、

いつかまたリベンジしたいと思います!
f0233340_16560155.jpg
f0233340_16561921.jpg
港をでるまで「おがさわら丸」に並走し

「いってらっしゃーい!」と見送ってくれた

ダイビングショップの皆さんに感動しました!







# by muku6256m | 2018-10-03 19:49 | おでかけ | Comments(0)

小笠原諸島への旅①

近づく大型台風に気をもみながらも

無事、竹芝桟橋から「おがさわら丸」に乗船することが出来ました。

f0233340_13212892.jpg
f0233340_13222508.jpg


ちょうど今年は小笠原諸島返還50周年にあたり

出航時には勇ましい太鼓が鳴り響きました。

f0233340_13220611.jpg
f0233340_13214696.jpg

レインボーブリッジをくぐり抜け

ここから24時間の長い船旅が始まります。

昨年、新艇になった「おがさわら丸」はとても綺麗で快適!

デッキのテーブルに陣取り、まずはビールで乾杯!

f0233340_13231712.jpg


翌朝、定刻通りに父島に到着!

金沢を出るときは、肌寒かったのに、こちらは真夏の太陽が照り付けています。

すぐに着ていた上着を脱ぎ半袖に!

f0233340_13254462.jpg
f0233340_13252711.jpg
f0233340_13250427.jpg


一度も大陸と繋がったことのない小笠原諸島には

ここでしか見られない固有種がたくさん生息しています。

それらを保護していくための努力も大変なようです。

f0233340_13444275.jpg
f0233340_13440215.jpg

島のカフェで出会った珍しいメニューです。

左の小さな黒っぽい実がミラクルフルーツ。

この実を口に含んだあとレモンやトマトなど酸っぱいものを食べても

全く酸っぱさを感じないという不思議なフルーツです!

友達がチャレンジしましたが、酸っぱいレモンがミカンみたいに

甘く感じられるとビックリしていました。

f0233340_13242931.jpg


夜の居酒屋では、小笠原名物のカメのお刺身にもチャレンジしました!

恐る恐る口に入れると、触感は牛肉のたたきのよう

臭みは特になく、意外にあっさりしたお味でした!

でも、何となく可愛いカメさんを食べてしまった罪悪感があり

食べたのは初日の一回だけでした。







# by muku6256m | 2018-10-01 22:11 | おでかけ | Comments(0)

戸出克彦 作陶展 「靑のアトサキ展」


戸出克彦さんの作陶展が開かれました。

今回は青をテーマにした作品展でした。

戸出さんの作品には、トルコ青、青白磁、織部、染付、

そして、銀彩に使う青など多くの青が使われています。
f0233340_16031609.jpg
f0233340_16042913.jpg
f0233340_16041344.jpg
f0233340_16044268.jpg

f0233340_16050079.jpg
深い青、優しく淡い青、あざやかな青など、

一口に青と言っても実に様々な表情をもっています。

どの作品にも共通しているのは明快さと楽しさ!

f0233340_16082726.jpg
f0233340_16080610.jpg
f0233340_16074914.jpg
f0233340_16073127.jpg
f0233340_16071323.jpg
f0233340_16065759.jpg
f0233340_16063185.jpg
f0233340_16061236.jpg
f0233340_16053883.jpg
f0233340_16051788.jpg
身の回りに気軽に取り入れられる楽しい小品が一杯!

〝といでブルー″に囲まれて癒された8日間でした。

戸出克彦さんの作品はギャラリー椋の常設展でもご覧になれます。




# by muku6256m | 2018-09-12 23:00 | 作品展 | Comments(0)

シルバーアクセサリーのワークショップワークショップ2018年9月

今回のシルバーアクセサリーのワークショップワークショップでは

ワックスの板を削って作る技法を教えて頂きました。

講師は金森泰子先生

f0233340_15225140.jpg
f0233340_15234493.jpg
カッターやヤスリでワックスの板を削って行きます。

細かいところは、歯医者さんで使っているグラインダーで
f0233340_15230676.jpg
f0233340_15232703.jpg
割れないように丁寧に丁寧に…

重くなると銀をたくさん使うことになるので

裏もギリギリまで薄く削って行きます。

そして、出来たのがこちら!
f0233340_15240269.jpg
それぞれ、キーホルダーと帯留めに仕上げてもらいます。

一週間後、先生が鋳造して下さったのがものがこちらです。
f0233340_15243678.jpg
f0233340_15250915.jpg
どちらもすごくいい感じに仕上がりました!

ワックスモデリングって、いろんな技法があってほんとに楽しいですね~(^^♪





# by muku6256m | 2018-09-02 15:18 | 椋のワークショップ | Comments(0)

秘境、草垣群島

草垣群島は鹿児島県枕崎市の南西沖約90Km、

東シナ海に位置する無人島群です。

鹿児島空港からダイビングツアーの拠点となる屋久島へ

船で屋久島から草垣群島へ向かう途中に寄ったデン島(湯瀬)
f0233340_16363548.jpg
ここでも1本潜りましたが、

台風の影響で波も高く水中はかなり流れていました。
f0233340_16365285.jpg

その日は草垣群島には行かず、三島村の黒島に1泊しました。

翌日は台風が去って久しぶりの青空!

海のうねりも収まってきました。

めざすは、草垣群島!!

黒島から1時間、大海原に突如として現れた奇岩の島々!

この風景のなかにいるだけでゾクゾクしてきます。
f0233340_16273148.jpg
f0233340_16280061.jpg
全く人の気配が感じられない秘境!

日本にこんなすごいところがあったんだ!

ダイビングポイントとしても殆ど知られていない海に

私たち4人だけで潜るなんてワクワク、ドキドキ!
f0233340_16045594.jpg
f0233340_16042216.jpg
f0233340_16062057.jpg
f0233340_16065620.jpg
f0233340_16080377.jpg
f0233340_16083652.jpg
f0233340_16090176.jpg
f0233340_16091484.jpg
水中はまさにお魚天国!

ウメイロモドキムレとハタタテダイのうつくしい群れ

そして、ギンガメアジ、バラクーダ、ロウニンアジなど

期待どおりのすばらしい海でした!
f0233340_16352612.jpg
f0233340_16373406.jpg
f0233340_16375189.jpg
帰りは薩摩硫黄島、口永良部島の島影を見ながらの

素晴らしい船旅でした!






# by muku6256m | 2018-07-25 16:13 | おでかけ | Comments(0)