2018年 02月 27日 ( 1 )

第48回むくのき俱楽部陶芸教室

あんなに沢山あった雪もようやく融け

なんとなく日差しが明るく感じられるようになりました。

今日は今年初めてのむくのき倶楽部陶芸教室が開かれました。

今回のおすすめ課題は「陶板の絵付け」

いつもの自由コースや板作りコースもありましたが、

全員の方が、「陶板の絵付け」にチャレンジされました。

f0233340_13255056.jpg

陶板は九谷焼で使われている磁器用の粘土を

北濱先生が、すでに焼いてくださったものを使います。

まず自分の好きな形の陶板を選び

20色あまりの九谷焼の色絵具で描いていきます。

f0233340_13260667.jpg
f0233340_13262612.jpg

この方は陶板の縞目を利用してポジャギ風(韓国のパッチワーク)の

カラフルな模様を描かれました。

とてもオシャレな壁掛けになりそう!

f0233340_13265130.jpg
f0233340_13271220.jpg

こちらの方は鳥の絵

目を入れたらお手本より可愛いトリさんに!

色使いもシンプルで素敵!

f0233340_13282496.jpg
f0233340_13275562.jpg

こちらの方はワレモコウ

緑の濃淡を上手く使い分け立体的に描かれていました。

単なるお花じゃなくて、ワレモコウを選ばれるなんてさすがです!

この陶芸教室での絵付けは、初めての試みでしたが、

皆さん、初めてとは思えない筆遣いで、

先生も感心していらっしゃいました!

先生の自宅の窯で焼き上げたあとは、

壁に吊るせるように紐もつけてくださるそう

二か月後の完成がとても楽しみです。

次回のむくのき倶楽部陶芸教室は4月1日(日)・2日(月)

一度だけの参加もOKなので、お気軽にご参加ください!

★お申込み ギャラリー椋 076-255-6106







by muku6256m | 2018-02-27 23:40 | 陶芸教室 | Comments(0)