金澤町家空間を彩る工芸作家展

「生活を楽しむ工芸」新創造の会によるグループ展が開かれました。

今回は金澤町家を生かしたしつらえがテーマで、

様々なジャンルの5人の作家が作品を展示されました。
f0233340_12520940.jpg


まずは「和紙の灯り」千綾真由美さんの作品

照明一つでお部屋の雰囲気ががらりと変わることに感動!

f0233340_12494220.jpg
「造形盆栽」稲松由恵さんの作品

一見ホンモノに見えますが、水の要らない盆栽です

季節ごとに気軽に盆栽を楽しめますね!

f0233340_12525072.jpg


「人形」の福島まゆみさんの作品

こどもの表情がたまらなく愛らしい

どれも紙粘土で作られています。

f0233340_12505351.jpg


「作陶」徳田年栄さんの作品

薪窯で焼いているので、深い趣のある風合い

どんなお花でも似合いそうな掛け花入れ

f0233340_12500484.jpg


そして、「木彫」の牛島辰馬さんの作品

木のぬくもりと優しい表情に癒されます。

敢えてノミの跡を残すのが井波彫刻の特徴だそうです!

f0233340_12491360.jpg

新たなしつらえで、町家空間が生まれ変わりました!

全く違った作品ですが、それぞれが引き立てあって

落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

f0233340_12503878.jpg
f0233340_12512297.jpg
f0233340_12541497.jpg
f0233340_12522898.jpg


f0233340_12485894.jpg
秋の深まりを感じる季節にふさわしい

素敵な展示になりました。





by muku6256m | 2018-10-24 22:14 | 作品展 | Comments(0)
<< 白山白川郷ホワイトロード 書道あーと展~繋がりを結ぶ~ >>