光を纏う—浅野恵理子・靜白 二人展

ガラス作家、浅野恵理子さんと

アクセサリー作家、靜白(せいは)さんによる装身具展が開かれました。

浅野さんの作品は切子ガラスの技法を用いたもの
f0233340_1444163.jpg

f0233340_14445188.jpg

f0233340_14452113.jpg

f0233340_1446621.jpg

f0233340_14463860.jpg

f0233340_1447104.jpg

f0233340_14473416.jpg

f0233340_1448252.jpg

ガラスに巧みなカットを加えることによって、

宝石のような輝きが生まれます!
f0233340_1449826.jpg

f0233340_14493178.jpg

f0233340_14501371.jpg

f0233340_14503752.jpg

f0233340_14512932.jpg

靜白さんの作品は透胎七宝という技法で

ステンドグラスのように向こう側が透けてみえる七宝です。

靜白さんは加賀象嵌のアクセサリーも制作されています。
f0233340_1452471.jpg

f0233340_14525689.jpg

f0233340_14531958.jpg

さまざまな金属の色を生かした象嵌は小さくても存在感があり

シックな雰囲気で大人の女性に似合いそう!

お客様もそれぞれお気に入りのアクセサリーを見つけて下さって

私自身もとても楽しめた作品展でした!

      ギャラリー&カフェ椋

by muku6256m | 2017-05-31 23:06 | 作品展 | Comments(0)
<< 第44回むくのき俱楽部陶芸教室 うさとの服展 >>