人気ブログランキング |

大村大悟展~道具の話

8/2~8/18まで開かれる「金沢アートスペースリンク」に

ギャラリー椋も初めて参加させて頂きました。

金沢市や近郊の21箇所のギャラリーやアートスペースで

この期間に一斉に“現代美術と工芸”をテーマに企画展を開催します。

ギャラリー椋では8/2~8/7までを会期として

美術作家の大村大悟さんに作品展をお願いしました。

大村さんの作品展は木工を中心とした実用的な作品と

現代美術という二つの切り口から見せる展示になりました。
f0233340_22535810.jpg

f0233340_2254313.jpg

f0233340_22544961.jpg

f0233340_22554319.jpg

f0233340_2256274.jpg

f0233340_22562163.jpg

f0233340_22564181.jpg

f0233340_225740100.jpg

f0233340_2258758.jpg

二階では大きなすり硝子や道を指し示す棒などが

お座敷の空間に無理なく溶け込んで、不思議な存在感を放っていました。
f0233340_230242.jpg

f0233340_2304764.jpg

また8月3日(土)は建築家の橋本浩司さんをゲストにお迎えして

大村さんとの対談も開催されました。
f0233340_2312227.jpg

f0233340_2321039.jpg

対談の主なテーマは「展示スペースと作品の関わりについて」。

橋本さんの手がけた歴史的建造物の修復の様子や

移築の写真などを見せて頂きながら興味深いお話を聞くことができました。

大村さんは様々な展示スペースでの作品の見せ方などを

やはり写真を交えて解説して下さいました。

これまで現代美術の展示といえば白い無機質な空間でなければ

という先入観がありましたが、

どんな個性の強い空間でもそれに合った展示をすることで

作品も生きてくるということを実感しました。
f0233340_23401872.jpg

今回の対談を聞きに来られた方々皆さんも

最後まで熱心に聞いてくださり、、

とてもおもしろいお話だったとの感想を頂きました。

ギャラリー・トークは椋としては初めての試みでしたが、

作家の考えをよく知ることで、アートの見方もより楽しくなるように感じました。

     金澤町家Gallery&Cafe椋
by muku6256m | 2013-08-07 00:45 | 作品展
<< フィリピン マラパスクア島 カボチャを作ろう! >>