末松 智  金沢城復元画展

石川国際交流サロンで開催中の

画家 末松 智さんの作品展に行って来ました。
f0233340_03238.jpg

末松さんは金沢城復元図をライフワークとされています。

復元画は絵図や遺構の測量値を元に三面図をおこし透視図を制作し

その後、基本的には現場でデッサンや油絵を描かれるそうです。
f0233340_23443663.jpg

今回の作品展のメーン作品は“幻の空中庭園”

“玉泉院丸色紙短冊積石垣群”は七層の石垣のテラスからなり

復元図ではその一つ一つに絶妙なバランスで木が植えられています。

単なるお城の石垣というより美的な造形物と言えます。

この七層のテラスはバビロンのお城にも見られるものだとか

単なる偶然ではなさそうです!
f0233340_0411.jpg

f0233340_05783.jpg

こちらの会場は伝統的な建物でお庭も素晴らしい!

残念ながら作品を写真撮影することはできなかったので、

帰り道、車を止めて実際の金沢城の石垣を写して来ました。

こちらは“東の丸辰巳櫓”の石垣、現在石垣だけが残っています。
f0233340_071740.jpg


  金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2011-12-08 00:39 | おでかけ | Comments(2)
Commented by カズノコ at 2011-12-08 23:49 x
個展の場合、ほとんど撮影できないですね。
最近は、一水会など、公募展でも撮影禁止の
ところがありますね。冊子や絵はがきの販売に
影響するからのようですが?
気に入ったものを撮ることにより、一層親しみが
増し、良い関係が出来るのにと思いますが!
Commented by muku at 2011-12-09 02:19 x
最近はそういう場合が多いのですね~
せっかくブログを書いても写真がないと物足りないものになってしまいます。
<< クライネムジカ・ヴァイオリンコ... ばあちゃんコント~in椋 >>