モーツァルト室内楽の旅 ⑧

夕方6時にギャラリーを閉めたあと、金沢蓄音器館へ

浅野川大橋から見た主計町
f0233340_043513.jpg

こちらは卯辰山側
f0233340_047119.jpg

どちらも黄昏時のしっとりとした風情がすてき

橋を渡り少し歩くと金沢蓄音器館に到着
f0233340_0543721.jpg


今夜はヴァイオリニスト大村俊介さん達のコンサート

チェンバロは加藤純子さん、チェロは福野桂子さん

プログラムはモーツァルトのクラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 

作品3「ロンドンソナタ」全曲 第1番~第6番

モーツァルトがなんと8歳の時に作曲した作品です!

内容はとても子供が作った曲とは思えない素晴らしいもの 

さすが神童モーツァルトです。

チェンバロの雅な優しい響きが当時の演奏を想わせました。

演奏の合い間に少年モーツァルトのエピソードや曲の丁寧な解説があり

ワインを傾けながらゆったりと

モーツァルトの世界に浸ることができました。

次回の「モーツァルト室内楽の旅⑨」は6月14日(火)19:00です。
by muku6256m | 2011-05-21 23:30 | コンサート | Comments(0)
<< ソラマリ展~その2 ソラマリ展 >>