ソラマリ展

今日から「ソラマリ展」が始まりました。

京都、美山町でSola Woodworksを主宰する木工の鈴木直彦さんと

金沢市在住の日本画家 安房万里子さんの二人展です。
f0233340_2230185.jpg

万里子さんの描かれる絵は繊細でとても小さいものです。

おもな絵のモチーフは風景、街並み、草花など…

絵自体はとても小さいのに

描かれている風景からは驚くほどの広がりを感じるから不思議です。
f0233340_22311544.jpg

f0233340_22434026.jpg

どの絵も凛とした品格を漂わせているのは

万里子さんのお人柄からでしょうか。
f0233340_22451692.jpg

鈴木さんの作品はおもわず触れてみたくなるような

木のぬくもりに溢れたもの…
f0233340_23272623.jpg

鈴木さんのブランドマーク、ソラマメのモチーフをあしらった茶こし

ちょっとしたプレゼントにもいいかも…
f0233340_019093.jpg

器、机、椅子などの他、ランプシェードも展示しています。

お部屋を素敵に見せてくれそうなおしゃれな椅子たち
f0233340_2240197.jpg

21日(土)は「よこっちょポッケまーと」

金澤表参道/横安江商店街のギャラリーコラボンさんともリンクします。

ギャラリー椋とギャラリーコラボン、両店でソラマリ展を見て下さった方に

ささやかなプレゼントを用意しています。

ソラマリ展のDMに両店でスタンプを捺印してもらって下さい。

「ソラマリ展」は今月25日まで開催しています。

   金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2011-05-20 23:30 | 作品展 | Comments(2)
Commented by カズノコさんのブログ at 2011-05-22 10:57 x
小さな繪というのも、いいのでしょうねー!
実物を見てみたい気持ちです。
ソラマリ展は、両方のギャラリーで同時に
やられているのですか?面白い企画ですが、
やられる作者の方も大変なのでは?
Commented by muku at 2011-05-23 00:27 x
安房万里子さんは以前は大きい絵を描いていたそうですが、ある時から、生活の中で気軽に絵を飾ってもらいたいという想いから小さい絵を描くようになったそうです。
コラボンさんでの展示は土曜日一日だけでした。
横安江町の通りで万里子さんと鈴木さん手作りのお菓子やおつまみも販売されたようです。
<< モーツァルト室内楽の旅 ⑧ 第8回 一日陶芸教室「掛け時計... >>