<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ギターの奏でる2つの世界

日曜の午後、椋でギターコンサートが開かれました。

演奏は金沢在住でスペイン音楽を得意とする立見一(たつみはじめ)さんと

京都在住で北欧音楽を得意とする浦川裕介(うらかわゆうすけ)さんのお二人

第一部は立見一さんによるクラシックギターの演奏
f0233340_15353788.jpg

繊細で少し物悲しい感じのスペインの曲に癒されるひととき

今回のコンサートのプロジュースをされている朝倉崇さんによるインタビューもあり

会場は和やかでアットホームな雰囲気に・・・
f0233340_1540575.jpg

コーヒータイムの後は、浦川裕介さんの演奏

浦川さんは北欧、おもにスウェーデンの音楽を演奏しています。

普段あまり馴染みのないスウェーデンの音楽、

今回は珍しい12弦ギターを使った演奏でした。

ひんやりした北欧の空気を感じさせる透明感のある響き!

独特のとても複雑なリズムにも驚きました!
f0233340_1545263.jpg

指孔が全く開いていない北欧独特の笛の演奏も聴かせて頂きました。

森の中の小鳥のさえずりのような可愛い音色でした。
f0233340_15464189.jpg

最後の部はお二人のスペシャルコラボ!

スペインとスウェーデン、リズム感も雰囲気も全く異なる音楽ですが、

自然な感じで融合し、心地よい響きを織りなしていました!
f0233340_15543064.jpg

お二人とも、椋の空間で気持ち良く演奏出来たとのこと

素敵な演奏をありがとうございました!

    ギャラリー&カフェ椋

    
by muku6256m | 2016-04-24 22:00 | コンサート | Comments(0)

「三人展」オープニングイベント

いよいよ今日から「三人展」がスタートしました!

ギャラリー椋での「三人展」は今回で3回目、二年振りの開催です。

吉村安司さん(陶)、山﨑美和さん(陶磁)、西山芳浩さん(硝子)

三人の作家による作品展は今回も見応えのあるものになりました!
f0233340_16172879.jpg

f0233340_16182569.jpg

f0233340_16185166.jpg

f0233340_16191967.jpg

f0233340_16194265.jpg

今夜は「器と料理、音楽の夜」と題してオープニングイベントを開催しました。

毎回「三人展」では作家の器に盛り付けられたお料理を味わいながら、

ライブを楽しんで頂くという企画をしています。

今回もお料理は尾張町「ニワトコ」の尾崎有希子さんによる「春の点心弁当」

ライブの方は小杉奈緒さん(唄)と佐野 観さん(ピアノ)をゲストにお招きしました。

午後7時のオープンに備えて、夕方からイベントの準備開始!
f0233340_16561560.jpg

f0233340_1656393.jpg

奈緒さんと佐野さんのリハーサルも順調に進んでいるようです。
f0233340_16574553.jpg

三人の作家さんがこの日のために用意してくれた素敵な器

そして、旬の材料をつかった「ニワトコ」さんの美味しいお料理

今回は「ハーブ農園ペザン」さんのハーブティーや

北中酒店さんおすすめのワインもご用意しました!
f0233340_16581588.jpg

お食事のあとは、お待ちかねの奈緒さんと佐野さんの素敵なライブ♪~
f0233340_16584138.jpg

奈緒さんの心地よい歌声に癒され、

佐野さんのピアノソロもたっぷり聴かせて頂きました。
f0233340_1659312.jpg

f0233340_16592449.jpg

今回のオープニングイベントも沢山の方にご参加頂き

皆さまと楽しい時間を共有することが出来ました。

「三人展」は5/11(水)まで開催されます。

皆さまのお越しをお待ちしております。

    ギャラリー&カフェ椋

by muku6256m | 2016-04-22 23:57 | イベント | Comments(0)

第37回むくのき倶楽部陶芸教室

台風並みの強い風が吹いて、朝から家の前を救急車がひっきりなしに通ります。

そんな中、今年二回目のむくのき倶楽部陶芸教室が開かれました。

2月の教室で作られた作品も割れることなく無事焼きあがって来ました!
f0233340_16115298.jpg

脚付きの小鉢
f0233340_16121451.jpg

お香立て
f0233340_16123550.jpg

f0233340_1472661.jpg

f0233340_1416140.jpg

蓋つきの小物入れ
f0233340_1482086.jpg

f0233340_1484259.jpg

とれもなかなかの力作です!

今日も北濱先生の指導の元、皆さん楽しく作陶されました。

Fさんは型紙の用意され、花器に挑戦!
f0233340_14112620.jpg

f0233340_14121298.jpg

余った粘土でこんなお皿も
f0233340_14131274.jpg

Kさんは本日の課題、ふた付きの茶碗蒸し器を作りました。
f0233340_14162234.jpg

f0233340_14143386.jpg

Nさんは板づくりでお皿を作ります
f0233340_14172650.jpg

f0233340_1420887.jpg

釉薬は自然釉、白、黒の三種類から選ぶことが出来ます。

どの作品も焼き上がりが楽しみです1

次回のむくのき倶楽部陶芸教室は6月(日にち未定)に開かれます。

    ギャラリー&カフェ椋
by muku6256m | 2016-04-17 22:06 | 陶芸教室 | Comments(0)

タヒチ~ランギロアブルーの海へ④

ランギロアでのダイビングスタイルにもすっかり慣れて来ましたが、

ここでのダイビングも最終日となりました。

最後にもう一度イルカと会えると良いのですが・・・
f0233340_16491784.jpg

f0233340_2333743.jpg

f0233340_15233980.jpg

この時期はイースター休暇中とあって、ダイブショップも連日賑わっています。

今日は3本ともティプタパスに潜ります。
f0233340_15251022.jpg

今日も透明度が高く、お魚一杯!

でも、残念ながらイルカの姿は見えませんでした。
f0233340_1553531.jpg

f0233340_1554160.jpg
f0233340_15575846.jpg
f0233340_1558996.jpg

f0233340_1694412.jpg

ランギロアでの夢のような日々も終わり、タヒチ本島のパペーテに戻ってきました。

街でショッピングの後、ヒナノがやっている地ビールのお店へ

こちらでは、4種の地ビールを飲み比べることが出来ます。

どれも美味しかったけれど、少し濃いめのビールを注文。
f0233340_15593314.jpg

f0233340_1601122.jpg

地ビールの店でほろ酔い気分になったあとは、

夕方から港の近くの広場で開かれるルロットと呼ばれる屋台へ

こちらでは中華、イタリアンなどのB級グルメを味わうことが出来ます。

同じテーブルで、昨日一緒に潜った日本人ダイバー達とバッタリ!
f0233340_161060.jpg

f0233340_1613123.jpg

タヒチツアーも最終日となり、明朝には日本に向けて出発します。

海で繋がった同い年三人の旅は終わりましたが、

ランギロアでの思い出はいつまでも私達の心に残るでしょう!

      ギャラリー&カフェ椋
by muku6256m | 2016-04-14 22:17 | おでかけ | Comments(0)

タヒチ~ランギロアブルーの海へ③

この島にいるとなぜか早起きに・・・

朝焼けの穏やかなラグーンを眺めているだけで心が和みます。

今日も良いお天気なりそう!
f0233340_23404038.jpg

f0233340_0153242.jpg

今日の1本目は少し離れたアバトルパスに潜ることに

ここはイルカはいませんが、シルバーチップシャークが良く見られます。
f0233340_2357256.jpg

f0233340_23541249.jpg

f0233340_23544719.jpg

f0233340_2356018.jpg

f0233340_23594697.jpg

エントリーするなり、周りはサメ、サメ、サメ!

サメ好きの私にはたまらないポイントでした。

よく「サメは怖くないの?」と聞かれますが、

サメがダイバーを襲うことはめったにないようです。

今日の3本目はティプタパスでサンセットダイブ。

夕方の海では魚の捕食が見られます。
f0233340_0135630.jpg

f0233340_0115423.jpg

f0233340_0175312.jpg

ダイブを終える頃には海の中もすっかり暗くなって来ました。

海面に顔を出すと、美しい夕焼け!
f0233340_039302.jpg

f0233340_0205147.jpg


  ギャラリー&カフェ椋

by muku6256m | 2016-04-11 23:34 | おでかけ | Comments(0)

タヒチ~ランギロアブルーの海へ②

今夜はホテルでタヒチアンダンスショーが開かれると聞いて

朝からとても楽しみにしていました!
f0233340_16552963.jpg

f0233340_16524898.jpg

f0233340_16582732.jpg

出演しているのはプロではなく、この島の人達

心に沁みるタヒチの音楽とダンス、おもてなしの心に感動し、三人ともウルウル!
f0233340_16585648.jpg

f0233340_16592181.jpg

f0233340_1701213.jpg

f0233340_1703870.jpg

お料理は地元の新鮮な食材を使ったフレンチ

どれも洗練されたお味で、ワインもすすみました!
f0233340_1714017.jpg

f0233340_17163774.jpg


   ギャラリー&カフェ椋
by muku6256m | 2016-04-10 23:31 | Comments(0)

タヒチ~ランギロアブルーの海へ!①

毎週一緒に、ダイビングのトレーニングを積んでいる仲間三人の

2年越しの目標だったタヒチ、ランギロアツアーがついに実現しました!

成田を飛び立ち赤道を越え11時間、タヒチの首都パペーテに到着!
f0233340_15561846.jpg

f0233340_15571721.jpg

f0233340_15575920.jpg

最終目的地ランギロアまでは、ここからさらに国内線に乗り換えて1時間です。

トランジットまで少し時間があったので、まずは無事タヒチ到着を祝ってカンパイ!
f0233340_1622529.jpg

f0233340_1625665.jpg

f0233340_1641461.jpg

ようやく眼下にランギロアが!

平坦で、岩礁がネックレスのように連なった美しい島です。
f0233340_1644818.jpg

f0233340_16112723.jpg

f0233340_16115324.jpg

空港に着くとホテルのスタッフが笑顔で出迎えてくれました。

私達のコテージはラグーンのビーチに面していて、

ホテル内のダイビングショップやレストラン棟にも近い便利な場所にありました。
f0233340_163447100.jpg

f0233340_16303512.jpg

f0233340_15313517.jpg

f0233340_15395612.jpg

翌日からいよいよダイビングスタート!

今日は3本ともティプタパスに潜ります。

ここでの狙いはイルカ、サメ、マンタなど、大物たち!
f0233340_15305921.jpg

f0233340_1524492.jpg

1本目にして、イルカ、マダラトビエイなどと遭遇!

やはりダイバーの憧れの海、ランギロアはすごい!
f0233340_15251836.jpg

f0233340_15254263.jpg

f0233340_15263070.jpg

f0233340_15265330.jpg

f0233340_15272659.jpg

3m位はあるタイガーシャークも
f0233340_15284955.jpg

水温30度、透明度も30m以上はあるでしょうか。

吸い込まれそうなブルーの海と沢山の魚たちに癒されました。

   ギャラリー&カフェ椋
by muku6256m | 2016-04-09 23:52 | おでかけ | Comments(0)

between FORM&SHAPE Ⅱ

ニューヨークに在住の陶芸家Yoshimi Tanakaさんが

3年ぶりに帰国し、ギャラリー椋で作品展を開催しました。

Yoshimiさんは石川県小松市出身ですが、15年前からニューヨーク在住し

アクセサリーや小物を中心とした作品を制作しています。
f0233340_15533340.jpg

f0233340_1554722.jpg

f0233340_15543695.jpg

f0233340_15551089.jpg

f0233340_1556149.jpg

f0233340_1683368.jpg

生き物のようなフォルム!思わず手に取ってみたくなる!
f0233340_16113811.jpg

f0233340_1613510.jpg

f0233340_16141063.jpg

陶と皮ひもを組み合わせたアクセサリーはナチュラルな雰囲気

カジュアルな洋服に似合いそうです!
f0233340_16145312.jpg

f0233340_16151757.jpg

f0233340_1617838.jpg

Yoshimi Tanakaさんの作品展は終わりましたが、

引き続きギャラリー椋で常設展示しています。

  ギャラリー&カフェ椋


by muku6256m | 2016-04-06 23:11 | 作品展 | Comments(0)