<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第33回 むくのき倶楽部陶芸教室

まだ8月だというのに、もう秋を感じさせる涼しさです。

二か月ぶりに、恒例の陶芸教室が開かれました。
f0233340_165264.jpg

f0233340_16341973.jpg

6月に皆さんが制作した作品も無事焼きあがって来ました!

課題のカレー皿はどれもいい感じに仕上がりました。
f0233340_1675948.jpg

f0233340_16374377.jpg

今回の課題は取り鉢2個組。

石膏の型を使って、簡単にきれいに作ることが出来ます。
f0233340_16102743.jpg

f0233340_16112047.jpg

粘土の塊や板を使って自由に作るいつものコースもありました。

皆さん、普段からいろいろなものを見て目を肥やし

制作について構想を練られているようです!
f0233340_16124573.jpg

f0233340_1613986.jpg

f0233340_16134228.jpg

北濱珠龍先生のきめ細やかな指導で、

それぞれ思い通りの作品が出来上がりました!

あとは窯の中でどんな風に変化するのか

10月の仕上がりがとても楽しみです!

f0233340_16205727.jpg

次回のむくのき倶楽部陶芸教室は10/18(日)・19(月)に開かれる予定です。

   ギャラリー&カフェ椋

by muku6256m | 2015-08-31 23:59 | 陶芸教室 | Comments(0)

越前ブルー

久しぶりの越前海岸!

金沢を出発するときは、猛烈な雨でしたが、

到着すると、穏やかなダイビング日和になりました!
f0233340_1630524.jpg

f0233340_16311886.jpg

前日の雨の影響で、濁りが心配でしたが、

潜ってみると、意外に綺麗!透明度は10m位でしょうか。
f0233340_14131121.jpg

f0233340_14103933.jpg

f0233340_1415445.jpg

南の海とは違いカラフルな魚はいませんが、

コアジの群れやスズメダイの群れが泳ぐ様は、ずっと見ていても飽きません。
f0233340_14182127.jpg

体に白い線が入ったコブダイの幼魚。

大人のコブダイとは似ても似つかぬ愛らしい姿です!
f0233340_14193262.jpg

キンチャクダイの幼魚は岩の隙間にいて、写真を撮るのがなかなか大変!
f0233340_14202594.jpg

砂地ではミナミホタテウミヘビが不気味な顔を出していました。

砂の中にかくれている体は1m以上あるそうです!
f0233340_14222547.jpg

f0233340_1423084.jpg

f0233340_15103396.jpg

f0233340_15211083.jpg

イシダイ、カレイ、カゴカキダイ、マダイなど越前ではお馴染みの魚たち
f0233340_15411174.jpg

サラサエビもたくさん見つけました。
f0233340_1526730.jpg

猛烈な勢いで、小魚の群れを追いかけるブリの子たち!
f0233340_15105076.jpg

f0233340_1511573.jpg

水面近くで、アオリイカの群れを発見!

イカって海の中で見ると本当にキレイ!

今日は越前ブルーの海で、いろんな魚たちと会うことが出来ました。
f0233340_15402467.jpg

夜は民宿で豪華な舟盛りを頂き、越前ダイビングを満喫しました!

    ギャラリー&カフェ椋


by muku6256m | 2015-08-23 22:22 | おでかけ | Comments(0)

「極楽蜻蛉の友」展~(米田友和△□○展)

画家、米田友和さんが、喜寿を記念して作品展を開かれました。

これまで描きためてきた絵画や書だけでなく、幼い日の思い出につながる品々や

併せてご家族の作品も展示されました。
f0233340_1665486.jpg

タイトルの「極楽蜻蛉」とは楽天的でのんきそうな者を表す言葉

ご自身のことをそのように言い切れる境地を羨ましく思います!
f0233340_15434585.jpg

f0233340_15503891.jpg

f0233340_1551585.jpg

米田さんはギャラリーに入って来られたお客様に

まずこの絵を観て、解説を読むように言われていました。

私も最初、これらの絵を観たとき、意味がよく分からなかったのですが、

ちゃんと説明を読んで納得!

これまでのご家族との思い出がこの絵の中に細かく描かれています!
f0233340_1673927.jpg

f0233340_1681039.jpg

f0233340_17152077.jpg

草花や金沢の街角を描いた水彩画にボールペン画そして版画。

どれも小さな絵ですが、米田さんの感性が凝縮された素敵な作品です。

下の絵は、22年前にケニアに赴任していた弟さんを訪ねた際に見た

雄大に聳え立つキリマンジャロを描いたもの
f0233340_16936.jpg

絵にある「PolePole!Hakuna Matata」(ポレポレ ハクナ マタタ)とは

スワヒリ語で、「ゆっくり、ゆっくり、大丈夫だよ安心して!」という意味だそうです。

ケニアでの興味深いエピソードもいろいろ聞かせて頂きました。
f0233340_17192661.jpg

f0233340_17195615.jpg

お座敷には書も展示されました。

優しいお人柄がにじみ出た、とても味のある書!
f0233340_17215894.jpg

他には、川柳風につづられた日記も多数展示されました。

こちらもウイットに富んだもので、皆さん熱心に読まれていました。
f0233340_1732881.jpg

f0233340_17324965.jpg

今回の特別展示は70年前の戦時下に

米田さんが使っていた防空頭巾とリュックサック。

当時小学校一年生だった米田さんのために、

今は亡きお母様が作って下さったものだそうです。

70年間捨てずに大切にとってあったんですね!
f0233340_0271218.jpg

f0233340_0275435.jpg

弟の米田 豊さんも昆虫の版画を展示されました。

医学博士で寄生虫の研究者でもあった弟さんも

やはり絵の才能を受け継がれているようです!
f0233340_0392794.jpg

こちらの写真作品は奥様のもの。

お花に寄せる優しい心が伝わってくる素敵な写真です!

会期中はご家族や親せきの方、ご友人が次々来場され

とてもアットホームな雰囲気で、心温まる作品展でした。

 ギャラリー&カフェ椋

by muku6256m | 2015-08-16 20:21 | 作品展 | Comments(2)

「といで・でいとvol.3」 戸出克彦(陶)・戸出亜子(染)

8月1日から「金沢アートスペースリンク2015」が始まりました。

今年は「グレートビューティー」を共通テーマに掲げ

金沢市内と近郊の26のギャラリーが参加しました。

ギャラリー椋では戸出克彦さん(陶)と戸出亜子さん(染)による作品展を開催しました。
f0233340_15555272.jpg

f0233340_15562791.jpg

f0233340_15574466.jpg

f0233340_15582731.jpg

陶芸と染色と、それぞれジャンルは違いますが、

仲の良いご夫婦だけあって、お二人の作品がしっくり調和しています。
f0233340_16621100.jpg

f0233340_16104029.jpg

f0233340_16111356.jpg

f0233340_16155965.jpg

青釉や銀箔を使った花器や明るい印象の掛け花入れが数多く展示されました。
f0233340_16145914.jpg

f0233340_16162573.jpg

f0233340_16153791.jpg

f0233340_1618180.jpg

f0233340_16172864.jpg

日常でも気軽に使える器たち。テーブルを楽しい雰囲気に演出できそう!

戸出さんの作品は硬質な磁器なのに、どこか温かみが感じられます。
f0233340_16202093.jpg

f0233340_16204258.jpg

麻に加賀友禅の手法で染められた暖簾

お花ではなく、葉っぱがモチーフなのでとても涼しげ・・・
f0233340_16225396.jpg

f0233340_16232669.jpg

f0233340_16235785.jpg

おしゃれな色合いのテーブルセンターや手ぬぐいなども多数展示されました。

染料を早く乾かすために、真夏でもお部屋を暗くして閉め切り

ストーブを焚いた中で制作されるそうです!

美しいものを生み出すために、そんな過酷なご苦労があったとは!
f0233340_16353959.jpg

f0233340_163663.jpg

f0233340_16362946.jpg

また会期中、チェリストの野村幸夫さんによるミニコンサートも開かれました。

野村さんは戸出克彦さんの小・中学校の同級生ということで、

オープニングに素敵な演奏を披露していただきました。
f0233340_16475830.jpg

f0233340_16481244.jpg

今回、もう一つのイベントは「戸出克彦の器×吉はしの夏菓子」

1,2,3日の三日間だけ、金沢を代表する菓子司「吉はし」さんにご協力頂き、

夏限定の麦羊羹を戸出さんの器に乗せ、椋のカフェで提供しました。
f0233340_16564619.jpg

波を思わせる青釉の銘々皿が、夏菓子をより上品に引き立てています。

こちらの企画も大好評でした!
f0233340_17102770.jpg

会期中は猛暑真っ只中でしたが、

涼しげで、遊び心のある作品たちに囲まれ、すてきな時間を過ごすことができました。

戸出克彦さん、亜子さんありがとうございました!
  ギャラリー&カフェ椋
by muku6256m | 2015-08-05 21:41 | 作品展 | Comments(2)