<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第15回 むくのき倶楽部 陶芸教室

8月26日・27日の二日間、むくのき倶楽部陶芸教室が開かれました。

6月の陶芸教室展以来、参加者も増えて

今回も素敵な作品がたくさん生まれました!

こちらは焼きあがってきた前回の作品。

う~ん!どちらもなかなかの出来栄え!
f0233340_21275712.jpg

足つきの器を作りたくて、初めて参加された方
f0233340_21303998.jpg

f0233340_21352363.jpg

この方はお抹茶碗に挑戦。
f0233340_21324671.jpg

f0233340_2212199.jpg

今回は作陶の前に、講師の北濱珠龍先生による

焼き物の歴史や粘土、釉薬についての講義もありました。
f0233340_2136406.jpg

講義のあとはいよいよ作陶開始!
f0233340_21405623.jpg

アロマポット作りに挑戦のYさんとSさん。
f0233340_22104673.jpg

f0233340_22111099.jpg

f0233340_2231873.jpg

もう完成?!ずいぶん手早いですね!
f0233340_21411119.jpg

f0233340_21571344.jpg

一人もくもくと細かい模様を絵付けするYさん。
f0233340_21584079.jpg


作陶のあとは、よし橋さんの麦ようかんとグリーンティーでほっと一息
f0233340_22291615.jpg

皆さん暑い中お疲れ様でした~♪

         金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2012-08-27 20:09 | 陶芸教室 | Comments(0)

大村 大悟展~ワークショップ

大村大悟さんの作品展の期間中にワークショップが開かれました。

テーマは「道を決める時に倒す棒」をつくる。
f0233340_15121328.jpg

たくさんの棒きれの中から自分の好きなものを選び

削ったり、紐を巻いたり・・・
f0233340_15141524.jpg

こちらは以前のワークショップで作られた棒です。

どのように仕上げるかは自由
f0233340_1516933.jpg

f0233340_15164159.jpg

f0233340_15191489.jpg

木を削る作業なので時間はかかりますが、

皆さんとても根気よく熱心に取り組まれていました。
f0233340_16414479.jpg

f0233340_16423125.jpg

木を削ること2時間・・・こんな素敵な棒が完成しました!

お部屋に飾っておいても存在感があっていいですね~
   金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2012-08-19 22:06 | 作品展 | Comments(2)

大村大悟 作品展

8月17日~25日まで「大村大悟 作品展」が開かれました。

一階の土間のスペースでは彼のブランド『barge』、

二階の座敷のスペースでは美術作品『道具の話』と

2つの異なるテーマで展示されました。
f0233340_13235312.jpg

f0233340_13223216.jpg

成安造形大学で彫刻を専攻された大村さんは

卒業後、創作活動を続けながら、大学で後進の指導にもあたっています。

『barge』は木工を中心としたスプーン、カッティングボード、器など
f0233340_13375857.jpg

f0233340_1338733.jpg

f0233340_13384441.jpg

椅子やベンチのような大きい作品も
f0233340_13393436.jpg

f0233340_13394963.jpg

こちらは鉄でできた開けられない貯金箱!

お金が貯まったら大村さんに開けてもらって下さい^^
f0233340_13403638.jpg

二階のお座敷には各部屋に一点ずつ作品が展示されました。

町家の雰囲気に作品の存在がきわだっています。
f0233340_13462899.jpg

f0233340_1346505.jpg

f0233340_13472884.jpg

現代アートを和の空間にどう展示するのかとても興味がありましたが、

町家のすでに完成された空間とアートが違和感なくとけあって

それぞれの良さを引き立てあっているように感じられました。

      金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2012-08-18 22:50 | 作品展 | Comments(0)

台湾茶と食の会

食事に合う飲み物といったら、まずお酒を思い浮かべますが、

今回はお酒ではなく台湾茶!

4種類の台湾茶を味わいながら、それぞれにぴったりのお料理を頂きます。

台湾茶を入れて下さったのは、

京都で台湾茶の輸入・販売をされている竹内 亮さん
f0233340_3313230.jpg

そして、お料理を作って下さったのは

企業や法人を対象にケータリングサービスをされている奈良の福井理人さん
f0233340_2371684.jpg

それぞれのお茶にまつわる興味深いお話を聞きながら

一煎目、二煎目、三煎目と小さいお猪口のような器で

香りや味の移ろいを楽しみながら味わっていきます。
f0233340_3332672.jpg

f0233340_3342687.jpg

途中、二胡とピアノの演奏もありいっそう雰囲気が盛り上がりました!
f0233340_2464171.jpg

お料理は地元の食材を使った体に良いものばかり

化学調味料はいっさい使わず、素材そのものの味を生かしています。

もちろん台湾茶にもぴったり!
f0233340_3365689.jpg

一番目の「文山包種茶」には「揚げ出し堅豆腐、オクラとナメタケ胡麻酢和」
f0233340_3371941.jpg

二番目の「杉林渓高山烏龍茶」には「鯛造り紫蘇醤油」
f0233340_3372956.jpg

三番目の「凍頂烏龍茶」には「ツバイス(コゾクラ)グリル ジュノベーゼ、白ナス、トマト」
f0233340_3375225.jpg

四番目の「東方美人茶」には「栗かぼちゃ豆腐味パスタ」
f0233340_3384490.jpg

デザートはイチジクのコンポートでした。
f0233340_3221564.jpg

ここまでおよそ3時間。小さなお猪口で少しずつとは言え

飲んだお茶の量も1リットルぐらいとは驚きです!!

体に良い台湾茶とお料理をたっぷり頂き、

何だか明日も暑さに負けず元気で過ごせそうです~♪♪
f0233340_318826.jpg


    金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2012-08-17 22:22 | イベント | Comments(0)

お墓参り

今年は少し早めのお墓参りに行って来ました。

まだお盆前とあって輪島の町は静か

墓地の方もひっそりしていて、お参りに来ているのは私達だけでした。

お墓参りを済ませたあとは実家で夕食をご馳走になりました。
f0233340_23462375.jpg

実家へ来る度にいつもご馳走になる『伸福』さんのお寿司!

う~ん!やっぱり輪島のお寿司は美味しい!!

そして、今日のメインは義理妹Yoshikoさん手作りの『かぼちゃのフォンデュ』
f0233340_23544216.jpg

少し小さめのかぼちゃをレンジでチンし中身をくりぬいて、

玉ねぎのみじん切り、生クリーム、チーズなどをミキサーで混ぜ合わせたものに

串に刺したフランスパンや野菜を付けて頂きます。

チーズフォンデュはウチでも時々作りますが、これは初めて!

チーズフォンデュより重くなくてどんどん食が進みます。

見た目も可愛くオシャレな感じ!ウチでもマネしよ~♫

お土産に小さいかぼちゃを貰いました!
f0233340_021581.jpg

こちらは冷たくして頂く博多の手羽先と

お取り寄せで大人気の高槻の餃子

どちらもとっても美味で、ビールにピッタリ!

でも、今夜は日帰りの予定なのでビールではなく

ノンアルコールビールで我慢しました。

久しぶりの輪島でしたが、母も元気な様子で安心しました。

     金澤町家Gallery&cafe椋(むく)
by muku6256m | 2012-08-10 22:32 | おでかけ | Comments(2)

上野の森にて

ピアノの発表会も終わり、今週はレッスンもお休み

椋も臨時休業させて貰って、久しぶりに東京へ行って来ました。

東京の真夏の暑さは覚悟していましたが、やはり暑~い!

それでも暑さに負けず上野の森へ

東京都美術館で開催中の『マウリッツハイス美術館展』を観てきました。
f0233340_14183848.jpg

f0233340_14231565.jpg

「絵画の宝石箱」と称えられる、オランダのマウリッツハイス美術館。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をはじめとする世界的な名画が、

東京都美術館のリニューアルを記念する展覧会に特別に出品されています。
f0233340_14274695.jpg

何年か前こちらの美術館でフェルメールの絵画が何点か展示されましたが、

この「真珠の耳飾りの少女」だけは展示されませんでした。

今回はじめて間近に本物の名画を目にすることができ感激!

以前この絵を題材にした映画も観ましたが、

架空のストーリーとは言え、どうしても映画のイメージが重なってしまいます。

フェルメールの他にもレンブラント、ルーベンス、

ヤン・ブリューゲルなどの名画を観ることができました。
f0233340_14405880.jpg

もう一つ、上野の森美術館で開催されていた『ツタンカーメン展』も覗いてみました。

こちらの方はかなりの長い行列!

ようやく中に入り、すごい人波に揉まれながらも

黄金のカノポス(内蔵が保管されていた器)はしっかり観ることが出来ました!

    金澤町家Gallery&cafe椋(むく)
by muku6256m | 2012-08-04 22:00 | おでかけ | Comments(0)