「はるのおと」柴田優子 木口木版画展

3月31日から4月5日まで、

木口木版画家、柴田優子さんの作品展が開かれました。
f0233340_16583369.jpg

f0233340_16594092.jpg

繊細な線と点によって描かれる詩的な世界

観ていると心が穏やかになります。
f0233340_17075.jpg

f0233340_1704025.jpg

木口木版画は、立ち木を輪切りにした面を版木に用います。

柘植や椿、梨、楓など、非常に目の詰んだ固い木が使われ

ビュレンという彫刻刀で、繊細な線を描いて行きます。

銅版画に近い緻密な表現が特徴です。
f0233340_1713421.jpg

f0233340_16591651.jpg

起源は18世紀後半のイギリス。のちにフランスにも伝わり

大量に印刷出来ることから、書籍の挿絵に使われることが多かったそうです。
f0233340_1741837.jpg

木をふんだんに使ったギャラリーの空間にも合って

とても雰囲気のある素敵な作品展でした。

 ギャラリー&カフェ椋

by muku6256m | 2017-04-05 20:48 | 作品展 | Comments(0)
<< 第43回むくのき俱楽部陶芸教室 ギターの奏でる2つの世界Ⅱ >>