うさと服展

待ちに待った北陸新幹線もついに開通しました!

開通の日に合わせて、また今年も「うさと服展」が開かれました。

ギャラリー椋での「うさと服展」も今年で3回目、

今回も大勢の「うさと服」ファンが来店されました。
f0233340_1611428.jpg

f0233340_16112489.jpg

タイの奥地で栽培された綿や大麻、絹を手で紡ぎ、自然の染料で染められ

現地の村人によって、手で織られた美しい布

その貴重な布を使って作られた服が「うさと服」です。

デザインはベルギーのオートクチュールでも活躍していた「さとう うさぶろうさん」

縫製もすべてタイで行われているそうです。
f0233340_16343666.jpg

f0233340_1633548.jpg

f0233340_1634898.jpg

すべて自然のものから手作りされているので、とても着心地がよく

着れば着るほど体に馴染んでくるそうです。

うさとの服に囲まれていると、なんだか癒されてくるから不思議です
f0233340_163901.jpg

f0233340_16391823.jpg

f0233340_16393633.jpg

皆さんたっぷり時間をかけて、お気に入りのうさと服を選ばれていたようです。

また次回の「うさと服展」が楽しみです!

    ギャラリー&カフェ椋 

by muku6256m | 2015-03-16 21:10 | 作品展 | Comments(2)
Commented by カズノコ at 2015-03-25 20:00 x
ご無沙汰ばかりですね!
ところで、「うさとの服」の“うさと”とは「うさぎ」さんのことですか?
Commented by muku6256m at 2015-03-31 00:34
カズノコさん、いつもタイムリーにブログを書けなくて申し訳ありません。ところで「うさと」とは「宇宙の里」の服という意味から来ているそうです。それとデザイナーうさぶろうさんの「うさ」も関係があるようですよ。
<< スカール・クニン&ロセッラ展 能登仁行和紙の里 >>