村井盈人 遺作展

11/24~11/27の4日間「村井盈人 遺作展」が開かれました。

村井盈人(むらいえいじん1899~1976年)は富山県高岡市出身で

日本画、油絵、水墨画を学び、独自の世界を表現した画家です。
f0233340_165280.jpg

f0233340_1652931.jpg

f0233340_166223.jpg

f0233340_1663164.jpg

中川一政に師事していたこともあり、その画風にも相通じるものをみることができます。

静物画や風景画は味のある筆致と洗練された色彩で描かれ、

観ているものに語りかけてくるような詩情あふれる絵画です。
f0233340_166516.jpg

f0233340_1671776.jpg

f0233340_1675773.jpg

「売るための絵は描かない」ことを信条にしていた盈人は

あまり広く世間に知られることはありませんでしたが、

生前は棟方志功や武者小路実篤とも親交深く、

実篤をして「威をもって然り、あなたの絵にはかなわない」と評されました。

また、高光一也もその才能を高く評価していました。
f0233340_1682418.jpg

f0233340_1684278.jpg

f0233340_169831.jpg

展示された作品はすべて個人の大切なコレクションです。

今回が最初で最後の展示ということで、とても貴重な機会を頂きました。

  ギャラリー&カフェ椋
by muku6256m | 2014-11-27 22:17 | 作品展 | Comments(2)
Commented by カズノコ at 2014-11-30 18:18 x
素敵な展示会が出来ましたね!
この方の作風にぴったりの椋さんで展示出来てご家族の方も喜ばれたのではないですか。
こうした展示会の記録は、椋さんにとっても貴重なお宝になりますね!
Commented by muku6256m at 2014-12-03 22:14
カズノコさん、他の展示を観に来られたこの絵のコレクターの方が椋を気に入って下さり、今回の作品展が実現しました。
来場者の多くの方からも、椋の空間にとても合っている展示だとの感想を数多く頂きました。
<< 晴・雨・・・そして雪 冬のおしたく展 >>