トロック祥子 備前焼展

9/27~9/30の四日間、備前焼のトロック祥子さんの作品展が開かれました。

椋では2年ごとに作品展を開いて頂き、今回でもう3回目となります。
f0233340_123121.jpg

f0233340_1232622.jpg

f0233340_1230355.jpg

備前焼の花器には山野草が本当に似合います!

空気を通すのでお水が腐りにくく、お花が長持ちするのもありがたいですね。
f0233340_1235131.jpg

f0233340_1216224.jpg

f0233340_1273444.jpg

f0233340_12171350.jpg

コーヒーカップやぐい呑みなども使い込んでいくと、良い味がでて愛着がわいてきます。
f0233340_1275170.jpg

f0233340_12105622.jpg

こちらは焼きとり用のお皿ですが、ちょっとしたオードブルにもいいですね!
f0233340_12113068.jpg

f0233340_12125380.jpg

f0233340_12224320.jpg

f0233340_1223726.jpg

まだまだお若く、パワーに溢れたトロックさんですが、

残念なことに今回の作品展が椋での最後の展示になります。

来年いっぱいで制作活動に終止符をうち、

5年後にはサンフランシスコに永住されることになりました。
f0233340_12285036.jpg

今回は毎晩、金沢にいらっしゃる何人かのお友達に会い、

お気に入りのお店で美味しいものを沢山召し上がり、そしてよく飲み((笑)

もう最後になるかもしれない金沢を満喫していらっしゃいました。

トロックさんありがとうございます。

またいつかどこかでお会いできることを楽しみにしています。
f0233340_14371044.jpg


   ギャラリー&カフェ椋(むく)




by muku6256m | 2014-09-30 22:57 | 作品展 | Comments(2)
Commented by カズノコ at 2014-10-06 19:16 x
ちょっとさみしいお話ですね。
備前焼って、空気を通すので、お水が腐りにくいということですが、
そうなんですね。初めてしりました
Commented by muku6256m at 2014-10-06 23:30
陶芸はやめてしまわれますが、多才なトロックさんですから、サンフランシスコに行かれても、きっとまた新たなことを始められるでしょうね!
私も一つだけトロックさんの花器を持っていますが、不思議とお花が長持ちしますよ。
<< 大地の絨毯「ギャッベ・ハネ」 金澤町家巡遊2014 >>