岩井映子さんのレクチャー

今日は「椋」でお教室の人形展を開催中の辻 容子さんと親交のある岩井映子さん(人形研究家・評論家)のレクチャーが開かれました。

岩井映子さんはアンティーク・ドールを中心にベルエポックの時代や文化を研究し雑誌や専門書に多数執筆されています。また東京国際フォーラムでもセミナーを主宰されています。

ビスクドールのことを理解するには、ベルエポックという時代を知ることから始まるそうです。
f0233340_21193965.jpg

ベルエポック(良き時代)は19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのパリが繁栄した華やかな時代

アンティーク・ドールは当時の最先端のファッションを今に伝えています。

世界初の百貨店、ボン・マルシェ百貨店や、エルメス、ルイ・ビィトンなど現在あるブランドのメゾンもその頃誕生したものだそうです。

またパリ万博に展示された日本人形がヨーロッパの人形作りに影響を与えたことや

当時からビスクドールは富裕層を対象に贅を凝らして作られたとても高価なものであったことなど

興味深いお話が次々と…
f0233340_2222452.jpg

当時のデパートのカタログや美しい葉書、クリストフル製のバッジなど貴重な資料も間近に見せて頂くことができました。

ベルエポックやアンティーク・ドールにとても造詣の深い岩井さんのお話に皆さん熱心に聞き入っていらっしゃいました。
f0233340_2151216.jpg

お話を聞いた後でギャラリーに並んだビスクドールを改めて見ると

お人形たちがいっそう愛らしく輝いて見えました!

   金澤町家Gallery&Cafe椋(むく)
by muku6256m | 2011-04-08 20:45 | 作品展 | Comments(2)
Commented by カズノコ at 2011-04-10 18:01 x
昔の何々塾のような様子ですね。
聞く方々は端の方にゆったりしているようですが。
先生は、結構話づらいのでは、そんな気がします。
こうした勉強会にも使えることは、新発見では?
Commented by muku at 2011-04-11 09:45 x
これまでも町家研究会のレクチャーが度々開かれています。
人形の展示だけでなくこうした貴重なお話が聞けると勉強になり、また違った視点で人形を鑑賞できるようになり良かったです。
<< 中川奈々子さんのアクセサリー展 今日もたくさんのお客様がいらっ... >>